星界の報告

星界の報告

「星界の報告(Siderevs Nvncivs)」はガリレオ・ガリレイが1610年に出版した著書。このサイトではガリレオの業績に敬意を表し,星・天文学に関する話題を紹介する。
 前提として知っておいていただきたいのは、このSETIの定義によると、我々人類は今から100年ぐらい前までは、知的生命ではなかったということです。
 人類は、地球上に出現してからたかだか500万年の新参者です。宇宙はもっとずっと前からあって、天の川銀河ができて100億年です。ですから、もしコンタクトに成功するとしたら、向こうの文明は我々よりも高い文明になっているということが前提としてあります。
 あくまで我々は、たった500万年前に出てきたばかりの新参者なのです。
yayrilakkuma:

Astronaut Rilakkuma

yayrilakkuma:

Astronaut Rilakkuma

(元記事: san-x.co.jp (noshirocketから))

▶ Curiosity Rover Report (6/24/2014): Curiosity Completes Its First Martian Year (NASA/JPL):

On June 24, 2014, NASA’s Curiosity rover completes her first Martian year (687 Earth days). Hear team members describe how the mission accomplished its main goal to find a past habitable environment on the Red Planet and the ongoing science studies.

spiegel-im-spiegel:

Cassini Saturn Arrival (NASA/JPL):

On June 30, 2004 (PDT), as mission controllers at NASA’s Jet Propulsion Laboratory held their collective breath, the international Cassini-Huygens mission successfully arrived in orbit around Saturn. NASA’s Cassini spacecraft delivered the European Space Agency’s Huygens probe to Titan in early 2005. Cassini completed its four-year primary mission in 2008 and went on to perform dozens more flybys of Titan, Enceladus and Saturn’s other icy moons through its 10th anniversary in 2014. The mission may continue through 2017.